名古屋市南区のマンション管理事例

I.Sさんの場合

転勤で自分で住むことができなくなったからといって、住宅ローンの支払いを猶予してもらえるようなことはありません。なので、転勤が決まった時、すぐにマンション管理一括見積サービスに登録して、リロケーション業者を探しました。


転勤先では社宅に住むことになりますが、家賃がタダになるわけではありません。住宅ローンを滞らせないようにするために賃料保証がある業者を希望していたのですが、サブリースシステムを採用している業者と契約することができました。

I.Nさんの場合

今後、マンション管理を管理会社に依頼するために、実際にはどれくらいの費用がかかってくるのかを知るために、私は一括見積もりサービスを利用しました。これを利用したことによって、金額を複数チェックできたのです。


複数の見積りを確認することができましたので、だいたいこれくらいの金額を支払うことによって、管理してもらうことができるということがわかりました。この情報につきましては、全て無料で取り寄せることができて良かったです。
このページの先頭へ